アパレル関係の求人ではムダ毛はNG!

上司とのやりと

アパレル関係の仕事は身だしなみも大切になってきます。やはりファッショナブルな仕事になりますので、あまりだらしない格好は面接でもそうですが、仕事ができないような感じに捉えられますね。

男性の場合はムダ毛ってけっこうなOUTな感じがしています。なので夏場などになると半袖・半ズボンといったファッションになるのですが、そこですね毛がボーボーだったりするとよろしくないんですよね。

私の友人で1人アパレル関係の人間がいますが、ムダ毛処理は男性でも必須のようです。本社勤務なので服装などは自由ですが軽くカジュアルドレスコード的なファッションを向こうは要求しているそうです。

夏はハーフパンツもOKらしいのですが、あまりに濃いムダ毛はNGだそうです。

やっぱり暑い季節はハーフパンツでオシャレをしたいそうなので、彼は脱毛エステに通っていました。男性用の。。。

それから自宅では抑毛といったグッズがあるらしく塗るだけで少しはムダ毛処理が楽になるといったアイテムのようです。

さすがに私も脱毛エステに通う勇気はないのでちょっとその抑毛アイテムが気になりましたね。

今って男性でもあまりムダ毛が濃くない方が好まれるような感じがしています。なので興味が湧いたのです。そこで友人にそのようなものを教えてもらったので早速今度、使ってみようと思っています。

抑毛ローションっていうみたいですね。値段もエステに通うよりは高くありませんし、気休めにしかならないかもしれませんが、私も少し夏に向けてムダ毛処理をしていこうと思ったのですw

体を壊したことがきっかけで転職しました!

大学を卒業し、念願だった会社に就職した私。
私は、工学部の土木工学科を卒業し、道路や橋の設計を専門とする会社に就職したのです。
会社の8割は男性社員。

残りの2割においても、一般事務の女性社員がほとんどで、私のような専門職の社員は、1割もいない状態の会社でした。

その事は分かったうえでの入社だったのですが、その仕事量が半端なかったのです。

毎晩、終電で帰る事ができれば、ラッキーと言う感じで、ほとんどの社員が徹夜は当たり前。
着替えなど、常に常備しているほどの会社だったのです。

しかし、念願だった仕事なので私なりに一生懸命頑張ってみたものの体調を壊してしまい、結局、続けて行くことが困難な状態に・・・。

そのまま一般職への配置換えも希望できたのですが、転職する事を選ぶ事に。
しかし、せっかく出た大学の知識を生かしたくて、同じような会社を探したのです。

なかなか、見つける事が難しかった中、やっと一社内定をもらう事ができて、無事に転職する事に。

忙しいですが、以前の会社とは違い、残業も少なく楽しく続けて行く事ができました。
転職先を探す際に、勤務形態を詳しく調べて、決めたのが良かったと思っています。

初め失敗したからこそ、わかった会社の探し方だったと思っています。

転職は気苦労も多い!

転職が良い面もあるけれど悪い面もあります。私が転職して良かった点は、事務系から販売系に変わったので、販売の仕事は朝が、結構ゆっくりしていられるので、私は低血圧なのですが、よかったです。

また販売の仕事は、お昼休み、時間がまちまちで、ひとりで自由に昼食を食べるのでその点は、気楽でよかったです。その時間、銀行に行ったり郵便局に行ったりできるので、家の用事ができてよかったです。

悪かった点は、給料がとても下がったことです。以前は事務系で、正社員だったので、ボーナスがありましたが、今の販売にはボーナスがありません。

ボーナスがあるのとないのとでは年収にしてとても違うので、生活が少し変わりました。節約をせざるを得ないようになりました。

だいたい周りを見ても、転職するごとに給料が下がっていったり待遇面が悪かったりする人が多いように思います。

そして転職するごとに、また新しいところで仕事覚えなければいけないので、とても大変でした。販売の仕事は、とても楽しい面はありますが、結構体力も必要だなって思いました。そしていろいろなお客さんがいるので、驚くことも大変多かったです。

でもそこで知らないことをいろいろを学べて、いろいろ経験できてたことは、よかったなって思います。

転職して大成功しました!

レジの画像

私は以前営業の仕事をしていましが、忙しい毎日に疲れ果て転職を決めました。
給料とボーナスが、沢山もらえると言う先輩たちの言葉を信じてその会社に入社しましたが、現実は非常に厳しかったですね。

固定給プラス歩合制だったのですが、なかなか契約が取れずストレスがたまりまくって、このままだと病気になる!と思いました。休みもろくに貰えずとてもきつかったです。
私はこの仕事には向いていないと思い、上司に「辞めます。」とはっきり言いました。
仕事を辞めたら、とっても気持ちが楽になりました。

でものんびりはしていられません。早く次の職を探さなくては。そんなある日、自宅近くの大型ディスカウントストアの前を通りかかると、店頭の窓ガラスに求人募集のポスターが貼ってありました。

接客が好きだったので、ココに決めた!と思い、履歴書を書いて面接に行きました。そして、採用が決まりました。

他の従業員の人たちは歳が近かったので、すぐに仲良くなれました。仕事内容は、商品の値段つけ、陳列、掃除、レジ打ちなどです。

仕事が終わったら仲の良い同僚たちと食事に行ったり、遊びに行ったりしています。

前の営業の仕事とは比べ物にならないほど、毎日が楽しく充実しています。転職して大正解でした。

毎日が楽しくて充実しています!

楽しさを表している人

こんにちは、私は40代の女性です。前は7年間スーパーでレジの担当をしていました。接客やレジを打つことは、好きだったので楽しかったのですが、やっぱり毎日同じ仕事の繰り返しばかりだと、飽きてしまいます。

何か違うことをやってみたいなぁと思い始めるようになりました。

そのスーパーの事務所に行くと、何時も女性二人が大きなポスターや、プライスカード、チラシなどを色々な種類のマーカーを使って可愛く綺麗に描いていました。
素敵な仕事だなぁ、私も文字を書くことが好きなので、こうゆう仕事がしてみたいと思いました。

そんな時、近所のスーパーの前を通りかかると、手描きのPOPライター募集の張り紙がしてあるのを、見付けました。

私にできるか不安でしたが、誰でも最初は初心者です。やってみなくては分かりません!

お店に張ってある手描きのプライスカードやチラシを真似して作品を何枚か描き、面接に持って行きました。
そしたら採用担当者が「よく描けてるねぇ」と言って採用してくれました。やりました!

先輩が親切丁寧に描き方を教えてくれたので、とても勉強になりました。毎日継続して描いているうちにだんだん上達してきて、チラシも描かせてもらえるようになりました。

毎日がとても楽しく充実しています。

転職をする際に気をつけておくべきこと!

転職する際に最も注意する点は給与だと思います。どんなに休みが多かったりしたとしても、給与が少ないのであれば仕事をする意味が問われてしまいます。

なので、条件の良さそうな勤務先をリストアップしていくのですが、自分が希望する時期に条件の良い企業がだくさんあるはずはありません。なので、転職をする際には余裕を持って計画を立てる必要があります。

私が転職をしたときには、3ヶ月程度準備期間を設けました。見つからなければ、半年でも1年でも時間をかけて、自分の条件に合った企業を選ぶことが最重要であると感じます。

ある程度面接に行く予定の企業を決めたところで、その企業についてできるだけ多くの情報を集めるようにします。自分がどのような仕事を任されるかという最も重要なポイントを明確にしていくためです。

そして、その企業の経営理念とか他の取引先などの情報、そして売り上げの推移などもある程度分かっていれば、面接の際に話した内容が高く評価される事になると思います。

大変だった処方箋受付のアルバイト!

今まで事務〜体力系まで色んなアルバイトを経験しましたが、思ったよりも大変だったのは処方箋を受け付けるバイトです。

仕事内容は、患者さんが持ってくる処方箋を受け付けたりPCにデータを入力したり、電話対応といった少しだけ接客アリの事務系のお仕事です。

殆どの事は主に薬剤師さんが対応してくれるので、私は主に雑用中心でした。

未経験でそういった所で働いた事や資格もありませんでしたが雇ってもらえました、でも覚える事が沢山あったりデータ入力もややこしい案件ばかりで、経験が全くないと辛い職場でした。

それに思ったよりやる事が多いし忙しいので、いつも作業に追われていましたね。

もしこのバイトをしようと思う方がいたら、まずはPCのWordやExcelの操作に慣れておいた方がいいと思います。

てっとり早く社会人経験を得るアルバイト

転職や就職をするにあたり社会人としての経験を積んでおいた方が印象もメリットも高くなるのが日本の企業面接です。お金も経験も積みたい場合は交通指導員のアルバイトがオススメ!特に夏場は夜が涼しくて最高ですよ!

交通指導員のアルバイトは工事現場に立って、車の誘導を行うバイトです。

日給は約7000円〜10000円が相場といったところ。車を見るのが好きな方は良いです。高級車やマニアックな車を見ることができますし、色々な運転手さんも人間観察することができます。

私が経験した時には自分の好きな車が通りすがるとスマホや携帯で写真を撮っている人もいました。

このアルバイトは場所や時間帯でけっこうな差があるバイトでもあります。小さい田舎町の現場だと夜間は車通りがまったくなくただ、突っ立っているだけといった状態の時もありました。暑い夏は日中はかなり地獄となりますね。

なので夏場はできれば時給もあがる、夜間に行うことをオススメします。ただし求人倍率はかなり高いので注意が必要です。誠意を込めた履歴書や面接を行うようにしましょうね!